クラシックロード
a0029200_22365388.jpg増田の倉しっくロードなる場所へ。
大正・昭和初期の商家の古い家並みと倉が残る町並み。
内倉(家の中に倉がある…と言うより大事な倉を隠すために、倉に家のカバーをかけた)と呼ばれる独自のスタイル。

a0029200_2237217.jpg



倉が三軒(当時は四軒)縦に繋がった長屋風のお宅は、現在も店舗兼住居として子孫がお住まい。
当主はお出かけだったけど、奥方のご案内でお住まい拝見。さすが古いお家!



a0029200_22374940.jpg




他にも何軒か拝見したけど、本来倉は人様にお見せするものではなく、大事な物を静かにしまっておく場所。
人がたくさん出入りすることは当然想定しておらず、出入りのたびにかかる重量や湿気に床が反り返り、壁が壊れかけている倉も。
観光資源として活用は結構なことだけど、いい加減保存の方向に話しを向けないといけないのでは?


a0029200_22425069.jpgそんな倉の二階で佐藤養助の稲庭うどんをいただく。
秋田名物きりたんぽ鍋のきりたんぽぬきの鍋(笑)にうどんをしゃぶしゃぶして、山椒の粉をかけていただく。
これウマっ!
[PR]
by hisuisakan | 2008-02-21 12:20 | from mobile
<< ユキッコ ノンデタンセ >>