アルゼンチンvsセルビア・モンテネグロ @2006Wカップ
・Excite エキサイト スポーツニュース メッシ鮮烈デビュー、アルゼンチン圧勝
順番が前後したけど、この試合は黙って見過ごすわけにはいかないので記事に。
6月24日で19歳になるメッシが史上最年少で出場、みごとなアシストと得点を決めてくれた。


記録が出たついでに、6-0の試合ってあんまり観ないけど、実際どのくらい1試合あたりで得点差がW杯史上であったのか、ちょっと気になったので調べてみた。

・1試合あたりの最高得点
   ハンガリー:82年スペイン大会でエルサルバドル相手に10-1で大勝!
・1試合あたりの最大得失点差
   ハンガリー:上記試合以前にも54年スイス大会で韓国相手に9-0で大勝!
   ユーゴスラビア:74年旧西ドイツ大会でザイール相手に同じく9-0。

ってことで、まとめ。
どーなってんだ、ハンガリー?(爆)

というか…これ、たぶん正しいと思うんだけど…誰か間違い見つけたらご指摘ヨロシクです。
ホントいつも無責任ですまんねー(汗)


資料提供はこちら(笑)ヒストリーの項目で探してみてねー。
2006FIFAワールドカップ オフィシャルサイト(日本語版)
[PR]
by hisuisakan | 2006-06-18 15:40 | sports
<< シノエギャラリー トップ15 イタリアvsアメリカ @200... >>