マイコン
さくらくらさんの◎Uraniwa de Sanpo.。o ◎様から、ステキな記事をトラバ。
将来なんになる?
”突然、20歳の私とばったり出会ってしまったような不思議で奇妙な気持ち”ってさくらくらさんが表現されてるとこに、じーんときちゃいました。

自分にもそんな時期があったのかなぁ~?しみじみ。


で、自分のこと、いろいろ思い起こしてみますた。
フェルト人形作家とか、今でいう介護保健士とか、図書館司書とか、年代によって将来の夢はいろいろ替わっていくんだけど、結局どれも実現に至っていない。
人生ってそんなもん。
…というよりは、夢と現実の違いってそんなもんか、とか思ってみたり。
や、努力が足りないだけなのはよーくわかってるんだけどね(汗)


そもそも*hisui*は、保守的なくせに長く同じことが続かない性質で、夢もころころ替わっていくんだけど、よーく考えてみたら、ひとつだけ、子供だった頃の夢をかなえてることがある。
それはパソコンを使うこと

今は一家に一台が当たり前の時代になったけど、*hisui*が子供の頃はパソコンなんてちょっと手が出ない代物。仕事ではなくって個人が趣味に使うにはまだまだ贅沢品。
(詳しくないけど、まだ16ビットが出たばかりで、コマンドを打ち込んで操作するものからファンクションに操作を割りあえてることに変換していった時代だったんじゃなかったかなぁ?)
そんな頃、パソコン欲しい!って思っちゃったんだね、これが。

実は当時、NHKで放映されていたアメリカのTVドラマ『マイコン大作戦』を観たからなのです(笑)
・たのみこむ マイコン大作戦(原題Whiz Kids)のDVD化
・IMDb "Whiz Kids"
『大草原の小さな家』のマシュー・ラボート君が主役でした。
や、別に彼のファンだったわけじゃなくってね。コンピュータが身近にあるって環境にすごく憧れたの。
この頃はマイコンだなんて言ってたね、そいえば(笑)

この『マイコン大作戦』、未だにDVD化されてないようだけど、これに触発されて今PC関連の仕事してる30代中盤以上の人って結構いたりする。という隠れた名作(笑)復活希望!

あ、話がそれました(汗)
とにかく、努力すると実現する夢もあることをすっかり忘れてました。反省。
そして、今「これが夢です」って胸を張って言えることがなにもないことにさらに反省。
最近、自分ってつまらない人間だなぁと感じるのはそのせいか…。

お気楽専業主婦させてもらってるうちに、なにか夢をひとつ見つけておこうかな。
[PR]
by hisuisakan | 2005-06-01 15:31 | favorites
<< オノ ケガ? ドウ >>